デメリットもある?

ただし、交通事故被害に遭ったときどのような場合でも弁護士に依頼すればいいという問題でもないようです。物損事故や軽傷の人身事故の場合では、費用倒れのリスクもあることはあります。

弁護士に依頼することは当然弁護士費用を支払いしなければならないからです。 弁護士費用の自己負担額が示談金の増額幅を上回ってしまう事態にはそれなり注意をする必要があります。

メリットは存在するのかもしれませんが、弁護士費用で相殺されてしまう可能性が充分考えることが出来ます。物損事故や軽傷の人身事故の被害にあってしまった場合、弁護士に相談しない方がいいといういケースも存在はしているようです。

しかし、そのようなケースでも、弁護士費用特約に、交通事故被害に遭った人や、または家族が加入していれば話しは別です。弁護士費用特約に加入していることで、どんな小さな交通事故の案件だとしても、保険会社からは相当な額の弁護士費用を支給してもらうことが出来ます。重傷の人身事故の場合にも大いに弁護士に依頼するメリットは期待することが出来ます。

つまり重傷の人身事故の場合か、弁護士費用特約に加入している場合においてやっぱり弁護士に依頼することに大きなメリットがあります。判らないことがあれば一度弁護士に相談することが一番です。無料相談ならかなり気軽なモチベーションを持つことが出来ます。

示談金の増額

現在いろいろインターネットで弁護士について調査をすれば、示談金の増額がなければ報酬0円という広告を出している弁護士事務所も存在している程なのです。弁護士もそのような広告を出すからには示談金増額に対してはかなり自信を持っているようですね。

もちろん弁護士は、弁護士報酬0円になること等全く想定してないと考えて良いでしょう。 もしもあなたが交通事被害に遭ったとき、弁護士に依頼しないと相場水準の5~6割程度なのが、弁護士に依頼をすれば、相場水準の9~10割まで増額をすることが出来ます。

更に弁護士に依頼することで得ることが出来るメリットは存在しているのでしょうか。示談には必要な書類や手配や手続き方法などのノウハウがあり、提出すべき先や時期まで的確な把握・理解をしている必要があります。そのような行為・作業を代行してくれる人たちが弁護士なのです。

示談は、一度成立してしまうことで、後で覆すことがなかなか困難と言われています。あなた1人で完璧に示談の手続きが出来たつもりでいても、手続きに不備があるということも可能性としてありえます。交通事故に遭った時は弁護士に相談をし、自分に味方をつけることが大事です。