デメリットもある?

ただし、交通事故被害に遭ったときどのような場合でも弁護士に依頼すればいいという問題でもないようです。物損事故や軽傷の人身事故の場合では、費用倒れのリスクもあることはあります。

弁護士に依頼することは当然弁護士費用を支払いしなければならないからです。 弁護士費用の自己負担額が示談金の増額幅を上回ってしまう事態にはそれなり注意をする必要があります。

メリットは存在するのかもしれませんが、弁護士費用で相殺されてしまう可能性が充分考えることが出来ます。物損事故や軽傷の人身事故の被害にあってしまった場合、弁護士に相談しない方がいいといういケースも存在はしているようです。

しかし、そのようなケースでも、弁護士費用特約に、交通事故被害に遭った人や、または家族が加入していれば話しは別です。弁護士費用特約に加入していることで、どんな小さな交通事故の案件だとしても、保険会社からは相当な額の弁護士費用を支給してもらうことが出来ます。重傷の人身事故の場合にも大いに弁護士に依頼するメリットは期待することが出来ます。

つまり重傷の人身事故の場合か、弁護士費用特約に加入している場合においてやっぱり弁護士に依頼することに大きなメリットがあります。判らないことがあれば一度弁護士に相談することが一番です。無料相談ならかなり気軽なモチベーションを持つことが出来ます。